スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『The Expendables/エクスペンダブルズ』

expendables.jpg
2010年製作 監督:Sylvester Stallone 出演:筋肉オールスターズ

 製作発表の段階からアクション映画ファンが心待ちにしていた映画
がついに公開だ!

 そのキャスティングだけで世界の映画ファンが狂喜したのは言うま
でもない。

 チーム・エクスペンダブルズを率いるのは監督も兼ねるシルベスタ
ー・スタローン。


 以下チーム編成は・・・

 ジェイソン・ステイサム
 ジェット・リー
 ドルフ・ラングレン
 ランディ・クートゥアー
 テリー・クリューズ

 普通、この手の特殊部隊モノはそれぞれ役割分担があったりするもの
だが、全員の得意技が肉弾戦という潔さがもう泣かせる。


 こんなチームなら敵の方が可哀相になるものだが、敵側のキャスティ
ングも負けてはいない。

 エリック・ロバーツ扮するCIA崩れの紛争請負人を筆頭に、南米某国の
軍事独裁政権を握るデビット・ザイアスの強力タッグ。

 以下、SPや部下に扮するのが・・・

 “ストーンコールド”スティーブ・オースチン
 ゲイリー・ダニエルズ
 ノゲイラ・ブラザース(アントニオ・ホドリゴ&ホジェリオ)

 という、こちらも得意技は肉弾戦のみという判り易い連中だ。

 これに、特別出演のブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッ
ガー、ミッキー・ロークも絡むのだから、アクション映画ファンなら狂喜
乱舞して当たり前なのである。



 近頃珍しい、本当に稀有なほどスカっとするアクション映画であった。

 何せ最近は、ヒーローがウジウジと悩むのが流行りで、そういう映画
もあってはいいと思うけれど、そればっかりでは見ている方は堪らない。

 ヒーローが実存主義的な悩みを抱えていれば崇高だとでも思ってい
るのか、まったく娯楽映画の何たるかを解っていない連中ばかりが多く
なって嫌になる。(それを許している観客も同罪だ!)



 その点、この映画を作ったスタッフは解っている!

 なにせ冒頭からジェット・リーVSドルフ・ラングレンですぜ!

 そうだ!この顔合わせならこれをやらなくてどうする!



 ストーリーなんてあっても無くてもいいような内容で、娯楽映画なんだし、
四の五の言わずに悪い奴らを蹴散らしていればいいんだろとばかりに、有
無を言わせぬ怒涛の展開で映画を見せきる素晴らしさに感動。

 キャストも豪華だが、火薬も弾薬の量もケタ違いで、史上最強のアクショ
ン映画と言い切っても不都合はない。




 悪い奴らは悪い奴なのだ!



 現実世界ではそう簡単に割り切れなくとも、せめて娯楽映画くらいはそれ
でいいではないか。

 アメリカのアクション映画は、全て西部劇に雛型を見ることが出来るのだ
けど、その西部劇の衰退が悪役としてのインディアンをネイティブ・アメリカ
ンとしてしまったことに端を発している。

 開拓史観の見直しが、西部劇の主人公に悩みを与え、ヒーローから虚飾
を剥ぎ取って等身大の人物にしてしまったことから、活劇の活力が失われ
てしまったのだ。

 時にはヒーローだって悩むのはいい、家族が殺されたりすれば悲しむの
はむしろ普通の感情だ。

 しかしそれは、あくまでストーリーを動かす手段であって、最近の映画の
ごとくヒーローの目的と化しては本末転倒である。
 ヒーローがヒーローたる意義を見失っては、エンタテイメントにカタルシス
は生まれないのだ。 
 

 この映画の企画を立てたスタローンは、彼自身が最近のアクション映画の
在り方に疑問を感じていたことから、自分が第一線で活躍した古き良き'80年
代娯楽活劇の復興に賭けた。

 そのためにかき集められたキャスティングだったが、これはスタローンの
企画力の勝利であったことは全米での興行収入が証明している。

 今回は出演を断ったヴァンダムやセガールはそのヒットを歯噛みしている
という。

 大ヒットの余波を受けて既に続編の企画がスタートしているというが、前回
断った連中にも再オファーをかけるとか。ついでにチャック・ノリスとウエズリ
ー・スナイプスも誘ってくれ!



 日本公開は2010年10月16日だ!




 野郎ども、心せよ! 


 
 (香港電影的日常 第三集 初出)
スポンサーサイト

「fakeの誰もが知りたがっているくせにちょっと知ることが出来ないジャッキー・チェンのKUNG FUのすべてについて教えましょう」

jackie chan

 ・・・という訳でジャッキーです。

 “ジャッキー・チェンは武術家か?”

 答えは簡単、“否”です。

 今回の話はこの前提に立って進めます。



 ジャッキーの経歴をみると、幼少時に京劇学校で学び、スタントマ
ン、武術指導を経て、功夫映画のスターにという流になることはみな
さんもご存じのことと思います。

 では、ジャッキーの武術は何か?ということは存外語られていませ
ん。

 最初に言ったように、彼は功夫スターであっても武術家ではないの
ですから。

 でも彼にだって功夫の素養はある訳で、その核は一体何であるの
か?というのが今回の話です。


 従来であるならば、京劇=北派と見られがちでした。

 無論それは間違いではなく、彼のアクロバティックな身のこなしから
も判ることです。しかしそれだけでしょうか?

 映画を見ていると明らかに南派のテクニックが垣間見れるのは何故
なのか・・・・。


 実はその答えは案外あっさりと出ているのですが、「白眉拳」(注♯1)
という拳法を学んだと本人が「INSIDE KUNG FU」誌に語っているの
です。
 一時期は功夫マスターになるまでを考えて修業を積んだと同誌で
は語っていますが、しかしこれだけではあえて一項目を立ててまで語
る意味が無い訳で、長かった前ふりのためにもここからが本番。


 もともとジャッキーのお父さんは「洪家拳」を習っていた(注♯2)の
で、彼が最初に習ったのはそう黄飛鴻ゆかりの洪家拳です。

 ジャッキーが香港でブレイクのきっかけとなった『蛇形刁手/スネー
キーモンキー蛇拳』の中で、彼が見せている自己流拳法“蛇形拳猫
爪くずし”なる技は、洪家拳の諸動作のひとつである“猫伏鼠”という
動きの映画的アレンジ。

 次作の『酔拳/ドランクモンキー酔拳』では、いよいよ黄飛鴻本人を
演じるのですが、袁和平の企画に沿ったからだけなのではなく、ジャ
ッキー本人に洪家拳の素養があったからこその抜擢だったと考える
方が、本来は『蛇形刁手 第二集』であったタイトルまで変更した意味
も含めて自然ではないでしょうか。

 でも映画でやっているのは酔拳じゃん?!と思われるかもしれませ
んが、劇中で酔拳を修得するまでの黄飛鴻が使っている技は、ちゃん
とした洪家拳に則った動きなんです。

 もちろんあくまで映画的なアレンジは施されているにせよ、それは『酔
拳Ⅱ/酔拳2』にまで徹底して統一されている点はジャッキーのこだわ
りなのでしょう。


 初監督作である『笑拳怪招/クレージーモンキー笑拳』は、そのもの
ズバリ洪家拳を題材とした映画で、笑拳という技こそ実在はしなくても、
映画で見せている動きは間違いなく洪家拳です。

 陳惠樓扮する八足麒麟は、最後の技を伝授する際「鐡線拳」という名
前を出しますが、鐡線拳こそ洪家拳の中で最も有名な技でして、これ
を映画的にアレンジしたものが笑拳ということになります。

 ポスターで有名な笑拳のポーズこそ、洪家拳の基本型・雄鶏模翼な
んですが、洪家拳一家としても有名な劉家班が『少林三十六房/少林
寺三十六房』冒頭で劉家輝に演じさせているものと同じな訳です。ジャ
ッキーの大胆なアレンジと見比べられては如何かと。


 ジャッキーの洪家拳と黄飛鴻に対する思いは並大抵のものではなく、
徐克が『黄飛鴻/ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ天地黎明』を
撮影するという話が出たとき、わざわざ本人が徐克の電影工作室にま
で出向き「いったい黄飛鴻をどうするつもりか?頼むからワイヤーなん
かで空を飛ばしたりしないでくれ!」と頼み込んだ話は有名です。(注♯3)

 この時の頼みも空しく、徐克の作った黄飛鴻は華麗にワイヤーで空
を飛ぶ黄飛鴻でした。これが後に『酔拳Ⅱ』を作る遠因となったのは言
うまでもないでしょう。


 その『酔拳Ⅱ』を作るまでの14年間、ジャッキーが功夫映画を封印し
てきたのは何故だったのでしょうか?


 『師弟出馬/ヤングマスター』にその答えを見ることが出来ます。


 彼はこの作品に自身の持てる技全てを注ぎ込んでいるといっても過言
ではありません。

 冒頭の獅子舞(注♯4)から始まり、扇子、刀、棒、椅子、煙管、ロープ、
果てはスカートの裾まで使いこなしてみせます。
 武器だけではありません、圧巻なのはやはり黄仁植とのラスト20分に
も及ぶ激闘でしょう。ここでのジャッキーは、それこそありとあらゆる拳法
の型をアレンジした独自の動きを駆使して強敵に挑むのです。

 洪家拳、蔡李仏拳、詠春拳、功力拳、白眉拳、地功拳、莫家拳・・・・こち
らが気がつかないだけでまだミックスされているとは思いますが、闘いの
状況に応じて変化を続け、攻めに攻めても倒せないほどの強敵、それで
も状況を打破出来ないからこそ、最後にアヘンを飲んで感覚を麻痺させて
からの大暴れに黄仁植は破れるのです。

 ここら辺が似ていると指摘された『酔拳Ⅱ』のラストとの違いです。あれは
お酒が無くて酔拳を封じられた黄飛鴻が、窮余の一策で鉱業用アルコール
に手をつけるのであって、シチュエーションは類似していても意味合いは随
分と違うはずです。

 さて長々と検証してきましたが、ジャッキー・チェンの武術の一端でもお伝
えできていれば幸いです。

 
 最後にもう一度。


 ジャッキー・チェンは武術家ではありません!


 彼は功夫スターなのです。


 
 ・・・でも、ジャッキーの武術も大したものだとは思いませんか?



 (旧香港電影的日常 2001年02月22日より転載)



 (注♯1)
 白眉拳は、清初に白眉禅師によって創設されたといわれている。現代中国
でも実戦派として知られ、詠春拳に似た手技を使う。よって木人も練習方法
として取り入れている点は詠春拳と同じ。

 (注♯2)
 '79年頃に台湾の映画雑誌でのインタヴューに答えてジャッキー本人が語
った。
 父親と洪家拳についてはドキュメンター『龍的深慮-失落的拼圖/トレース
・オブ・ア・ドラゴン失われた龍の系譜』でも言及。

 (注♯3)
 『Shanghai Noon/シャンハイヌーン』が元々は『酔拳3黄飛鴻西部へ行く』と
いう企画だったのを、洪金寶&徐克にアイディアをパクられて先に『黄飛鴻之
西域雄獅/ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ天地風雲』を作
られてしまった。
 西部劇の企画自体は'80年代後半にフランシス・フォード・コッポラより持ちか
けられた合作企画よりスタートしている。

 (注♯4)
 正しくは南方獅藝。ちなみにジャッキーの使っている金色の獅子頭は劉備玄
徳を表している。

『紅牆盗影/ミレニアム・ドラゴン』

紅牆盗影1
1999年製作 導演:高飛 領衛主演:元彪 出演:錢小豪、呉穀将

 元彪はどうしてしまったのか?

 そう思っておられめ方も多いのではないだろうか。'80年代にはコ
ンスタントに映画も公開されていたし、未公開作品もビデオやTV放
送でフォローされていたというのに。

 '90年以降はとんと見なくなってしまったばかりか、新作映画の情
報すら入ってこない…。

 そんな状態にお嘆きの方へ、新作です。といっても去年の作品で
すが。(注♯1)



  BX-2型と呼ばれる核兵器の原料を握った北のテロリストを追っ
て、南から派遣されたエージェントと、中国の調査員が手を組み(何
故?)テロ組織を壊滅させるというもの。

 まあなんだ、そのような話なんだと思います。

 なんせ、広東語の映画を字幕なしで見ているものですから。

 こう書くとそれなりに面白そうだし、ストーリーを見ても解りますが、
韓国映画のヒット作『シュリ』入ってます。第一次韓流ブームというや
つにちゃっかり便乗した作品で、韓国系の俳優さんも出ているようで
す。

 でもいちばんの悪人は錢小豪が演じているのですが、これは政治
的配慮というやつでしょうか?


 で、結論。


 この映画、まったく面白くないのだ。

 
 ビリングのトップにして主役であるはずの元彪は中盤で姿を消し、
一旦は現れるものの、終盤のアクションシーンには参加しない。これ
ではまるで“詐欺”じゃねーの!

 観る前は随分と期待したんですよ。錢小豪を筆頭に、部下役で監督
兼任の高飛、同じく手下に王龍威。彼らはいずれも邵氏出身で、嘉禾
出身の元彪とは、夢の共演になるんです。

 いまや例えとして妥当だとは思わないのだが、猪木時代の新日本プ
ロレスと、馬場時代の全日本プロレスの対決のようなものなのだ!


 近年に(注♯2)いくつかビデオ・リリースされた作品は、売りがビビア
ン・スーだったり金城武だったりするし、ピンで主演の『怒海威龍/香港
麻薬捜査官』にいたっては、ジャッキーの『警察故事Ⅲ超級警察/ポリ
スストーリー3』のまんまパクリ(注♯3)だったりする。


 こんな状況を打破するためにも、日本のソフト・メーカーは、元彪、
甄子丹、盧惠光と三大蹴撃手競演の『馬戯小子/幻影拳マジック・カン
フー』と、傑作『黄飛鴻之鬼脚七/ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャ
イナ外伝 鬼脚』を発売することで元彪の失地を速やかに回復されるべ
し!(注♯4)



 (旧香港電影的日常 2001年02月21日より転載)


 (注♯1)(注♯2)(注♯4)
いずれも01年当時の状況です。

 (注♯3)『怒海威龍/香港麻薬捜査官』の基本ストーリーは、元彪の
刑事が中国公安の女刑事・楊麗青と組んで、ゴールデントライアング
ルにおける麻薬組織を叩き潰すまでの展開がジャッキーの『警察故事
Ⅲ超級警察/ポリスストーリー3』と全く同じ。

 『警察故事Ⅲ超級警察/ポリスストーリー3』において楊紫瓊が演じた
役を、彼女がデヴューした『皇家師姐/レディ・ハード』(D&B社の看板
シリーズ)で、楊紫瓊の引退後に後を継いだ楊麗青にやらせていること
からも、これは確信犯であったことが判る。

『我的父親母親/初恋のきた道』

我的父親母親
1999年製作 導演:張藝謀 領衛主演:章子怡

 中国大五世代(注♯1)の監督で、陳凱歌と並ぶ現代中国映画の巨匠・張藝謀の新
作は、都会から来たインテリゲンチャの青年と、農村の無学だが純情な娘とが恋に落
ちるも、時代は容赦なく若い二人の恋を飲み込んでゆく・・・・・・・ってな映画かと思った
ら、これは正真正銘、正統派のアイドル映画ではないですかっ!?

 『臥虎藏龍/グリーンディステニー』で鮮烈な日本デヴューを飾った章子怡の、これは
本国デヴュー作にあたる。

 思えば『臥虎藏龍』において一番印象に残ったのは、袁和平の武術指導による空を飛
ぶ超絶アクションでも、周潤發&楊紫瓊の共演でも、久しぶりに復帰(注♯2)の鄭佩佩
でもなかった。
 当時は無名の新人に過ぎなかった章子怡の、その跳ねるような演技なくして、映画の
成功は随分と違うものになったのではなかろうか?

 私的には『臥虎藏龍』という映画を、“武侠片としては”それほど面白いとは思えず、章
子怡という女優も、個人的な嗜好としても好みのタイプの女性ではない。
 
 それでも彼女のその演技には大いに感嘆した。

 
 演出家としての張藝謀とてそうだったのではあるまいか?

 
 作品のテーマ的な側面からは、いくらでも自身の好きそうな素材や、広げられそうなテ
ーマが目の前に転がっているにも関わらず、ただ執拗なまでにカメラは恋する少女の表
情のみを追い続けた。

 これをアイドル映画と呼ばすして、何をか云わんや!である。

 しかし、いや、やはり・・・だ。章子怡の、どのカット、どの角度から見ても、ひとつとして
同じ表情を見せずに変わり続けるその演技の凄まじさは驚異的であり、末恐ろしさを感
じるばかりだ。

 
 最後に、張藝謀らしくて好きだったやりとりを。


 父の遺体を昔の風習に従って、担いで村まで運びたいという、母の願いを聞いた息子
と村の古老の会話です。


 息子「どうしても担ぐのは無理なのかな?」

 古老「無理だろうな。年寄りと子供だけじゃ、どうしようもない。文化大革命の頃は担い
だものだがな・・・。」


 なるほどー、“文革”の頃の方が・・・、ね。

 そうですか。 
 



 (旧香港電影的日常 2001年02月20日より転載。一部改稿) 



 (注♯1)文化大革命終了後、映画学校に入った世代。監督の張藝謀自身も文革で下放
され、労働させられた過去あり。

 (注♯2)徐克製作の『黄飛鴻』TVシリーズにおいて功夫片復帰済み。

『老鼠拉龜』

老鼠拉龜1
1979年製作
導演:陳全
領衛主演:銭月笙、徐忠信

 今日は本当は張玲のワンマンバカ映画『蝶無影』について書こうと思っていたが、
凄い映画を見てしまったのでそちらにします。それは『KUNG FU VS YOGA』!!
という英語題で古くからの功夫ファンには馴染みのタイトルなのですが、今回つい
に現物を見てしまったのですよ。

 いやそのインパクトたるや『天殘地缺/ミラクルカンフー阿修羅』以来か?というも
ので、タイトルからも功夫とヨガの対決というのは判ることと思いますが、正直いっ
て『獨臂拳王大戰血滴子/片腕カンフー対空飛ぶギロチン』のようなもの(インド人
メイクの人がトリックで腕ビロンとか伸びるアレ)だと思ってました。



 だってまさか「本物が出てくる!」なんて思わないぢゃないですかっ。主役は昨日
も書いた銭月笙とマニア好みの徐忠信なんですが、最後に二人が対決するのが謎
のインド人ヨガ使い(ホンマに謎や)で、これが本物なんですね。どう本物かというと
ヒクソン・グレイシーのヨガなどまるで"子供騙し"というレベルです。



これじゃ意味わからん、というあなた!ごもっともです。



 まず、体がやわらかい(軟体動物です、どんな体勢にもなります)、そして関節が自
由自在に外れる『リーサル・ウエポン』のメル・ギブソンのように"うんしょ、うんしょ"と外
して、激痛に苦しみながら入れ直すなんてヤボなことはしません。

 そしてこの動きを二人の人間と闘いながら連続動作で、フィルム上ワンカットで行うの
ですよ!私がここでいくら力説しても実物を見てない人にはこの凄さは1/100も伝わ
らなんのでしょうな・・・。

 「ダッテ ミンナ ホントノコトダモノ」

 

 (旧香港電影的日常 2001年02月19日より転載)
プロフィール

fake

Author:fake

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。