スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『我的父親母親/初恋のきた道』

我的父親母親
1999年製作 導演:張藝謀 領衛主演:章子怡

 中国大五世代(注♯1)の監督で、陳凱歌と並ぶ現代中国映画の巨匠・張藝謀の新
作は、都会から来たインテリゲンチャの青年と、農村の無学だが純情な娘とが恋に落
ちるも、時代は容赦なく若い二人の恋を飲み込んでゆく・・・・・・・ってな映画かと思った
ら、これは正真正銘、正統派のアイドル映画ではないですかっ!?

 『臥虎藏龍/グリーンディステニー』で鮮烈な日本デヴューを飾った章子怡の、これは
本国デヴュー作にあたる。

 思えば『臥虎藏龍』において一番印象に残ったのは、袁和平の武術指導による空を飛
ぶ超絶アクションでも、周潤發&楊紫瓊の共演でも、久しぶりに復帰(注♯2)の鄭佩佩
でもなかった。
 当時は無名の新人に過ぎなかった章子怡の、その跳ねるような演技なくして、映画の
成功は随分と違うものになったのではなかろうか?

 私的には『臥虎藏龍』という映画を、“武侠片としては”それほど面白いとは思えず、章
子怡という女優も、個人的な嗜好としても好みのタイプの女性ではない。
 
 それでも彼女のその演技には大いに感嘆した。

 
 演出家としての張藝謀とてそうだったのではあるまいか?

 
 作品のテーマ的な側面からは、いくらでも自身の好きそうな素材や、広げられそうなテ
ーマが目の前に転がっているにも関わらず、ただ執拗なまでにカメラは恋する少女の表
情のみを追い続けた。

 これをアイドル映画と呼ばすして、何をか云わんや!である。

 しかし、いや、やはり・・・だ。章子怡の、どのカット、どの角度から見ても、ひとつとして
同じ表情を見せずに変わり続けるその演技の凄まじさは驚異的であり、末恐ろしさを感
じるばかりだ。

 
 最後に、張藝謀らしくて好きだったやりとりを。


 父の遺体を昔の風習に従って、担いで村まで運びたいという、母の願いを聞いた息子
と村の古老の会話です。


 息子「どうしても担ぐのは無理なのかな?」

 古老「無理だろうな。年寄りと子供だけじゃ、どうしようもない。文化大革命の頃は担い
だものだがな・・・。」


 なるほどー、“文革”の頃の方が・・・、ね。

 そうですか。 
 



 (旧香港電影的日常 2001年02月20日より転載。一部改稿) 



 (注♯1)文化大革命終了後、映画学校に入った世代。監督の張藝謀自身も文革で下放
され、労働させられた過去あり。

 (注♯2)徐克製作の『黄飛鴻』TVシリーズにおいて功夫片復帰済み。
スポンサーサイト
プロフィール

fake

Author:fake

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。