スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『老鼠拉龜』

老鼠拉龜1
1979年製作
導演:陳全
領衛主演:銭月笙、徐忠信

 今日は本当は張玲のワンマンバカ映画『蝶無影』について書こうと思っていたが、
凄い映画を見てしまったのでそちらにします。それは『KUNG FU VS YOGA』!!
という英語題で古くからの功夫ファンには馴染みのタイトルなのですが、今回つい
に現物を見てしまったのですよ。

 いやそのインパクトたるや『天殘地缺/ミラクルカンフー阿修羅』以来か?というも
ので、タイトルからも功夫とヨガの対決というのは判ることと思いますが、正直いっ
て『獨臂拳王大戰血滴子/片腕カンフー対空飛ぶギロチン』のようなもの(インド人
メイクの人がトリックで腕ビロンとか伸びるアレ)だと思ってました。



 だってまさか「本物が出てくる!」なんて思わないぢゃないですかっ。主役は昨日
も書いた銭月笙とマニア好みの徐忠信なんですが、最後に二人が対決するのが謎
のインド人ヨガ使い(ホンマに謎や)で、これが本物なんですね。どう本物かというと
ヒクソン・グレイシーのヨガなどまるで"子供騙し"というレベルです。



これじゃ意味わからん、というあなた!ごもっともです。



 まず、体がやわらかい(軟体動物です、どんな体勢にもなります)、そして関節が自
由自在に外れる『リーサル・ウエポン』のメル・ギブソンのように"うんしょ、うんしょ"と外
して、激痛に苦しみながら入れ直すなんてヤボなことはしません。

 そしてこの動きを二人の人間と闘いながら連続動作で、フィルム上ワンカットで行うの
ですよ!私がここでいくら力説しても実物を見てない人にはこの凄さは1/100も伝わ
らなんのでしょうな・・・。

 「ダッテ ミンナ ホントノコトダモノ」

 

 (旧香港電影的日常 2001年02月19日より転載)
スポンサーサイト

『鐵掌旋風腿/アンジェラ・マオ旋風レディ!鐵掌拳』

鐡掌旋風腿
1972年 
導演:黄楓
出演:茅瑛、白鷹、張翼、銭月笙

 アンジェラ姐さんの初期ものである。

 有名な『合気道/女活殺拳』は同年だがこのあと、『鐡金剛大破紫陽觀/電撃ストーナー』は
'75年であるからしてかなりの初期作だ。
 この撮影時韓国ロケで黄仁植にテコンドースタイルのアクションを仕込まれるのだが、正直
にいってまだ練れていない感じ。

 ストーリーは、町を牛耳る白鷹一味にアンジェラ姐さんと張翼が誤解を乗り越え、協力してや
っつけるという物。白鷹一味のチンピラ役でサモハンが出ているのはこの時期のGH作品では珍
しくはないが、サモと同じ様な経歴から映画界入りし後々も協力関係にあった銭月笙がかなり大
きな役を貰っていることは特筆されて良い。

 後に香港映画界のオルガナイザーとなり昔の京劇仲間を仕切るサモがこの時点では銭月笙
の後塵を拝していたとは驚きだ(役者としてだが)。


 このように昔の映画を見る時の楽しみのひとつに、こんなところにあの人が!的な見方がある
のだが、特訓中の(この特訓風景、ジミーさんの『龍虎鬥/吼えろ!ドラゴン 起て!ジャガー』の
特訓に似ている)張翼を襲って逆に特訓の成果を見せつけられるかっこうになる白鷹一味のチン
ピラに梁小龍(ブルース・リャン)が出てくるのだが、ただのカラミその1にもかからわずアクション
の旨さで目を引くのはさすがだ。


 梁小龍は韓英傑の親類になる(という噂もある)ので、その縁で映画界入りし武術指導助手を努
め、カラミの役者を経て『生龍活虎小英雄/必殺ドラゴン鉄の爪』でブレイク、功成り名を遂げた彼
は'77年の『破戒』でアンジェラ姐さんを助ける役どころでGHに凱旋するのであった。


 余談ではありますが、韓英傑の助手時代にサモハン率いる「七小福」もスタッフにいたはずだが、
倉田保昭氏のいう「助手時代のジャッキー・チェンをよくイジメていた」というのはこの頃のことか?

 あんまりアンジェラ姐さんの話にならんかったが、「だって主役は張翼じゃんかー!」といいたく
なるfakeさんであった。(最後も見てるだけで闘わへんし)

 この文から映画に悪い印象を受けるかも知れませんが、当時のGH作品では水準より上の出来
です、念のため。

 (旧香港電影的日常 2001年02月18日より転載)
プロフィール

fake

Author:fake

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。